参加校になる

F1 in Schools™を活用した教育

私たちの目的

STEM教育の重要性

STEM教育は、名称こそ違えど、国内でも『理工系人材の育成』を謳い、強化に着手している分野です。世界的に見ると、より明確に4分野として『STEM』を用い、欧米を中心とした先進国はもちろん、科学技術立国としての成長を図るアジア諸国で急速に整備されています。小学生の段階でプログラミングをカリキュラムに組み込む事例など、エンジニアの育成は国際的な急務となっており、日本も例外ではありません。
こうした中で、従来の教育方法とは異なるアプローチからSTEM教育を行うことで、より効果的な成果を求める動きが、先進国を中心に出てきています。日本国内でも、社会で活躍できる理工系人材を求める企業の要請に、教育機関が応えはじめるなど、現場レベルでの動きは活発化を見せており、これからの教育の重要な柱として、STEM教育への新たなアプローチが、今後より一層求められるものと考えられます。

F1 in Schools™のミッション
CHANGING LIVES
AROUND THE WORLD

F1 in Schools™の世界共通のミッションとは、児童・生徒を中心とした若い世代の「科学・技術・工学・数学(STEM)」に対する認識を変えるため、楽しく刺激的な学習環境を創造することです。これからの未来を担う子どもたちのSTEMへの苦手意識を一変させること、それはやがて世界中の生活を大きく進展させるきっかけとなります。そんな思いが、「Changing lives around the world」には込められています。

F1 in Schools™の特色

F1®公認教育プログラムであり、世界40カ国、毎年100万人以上の生徒が参加するF1 in Schools™は、STEMにとどまらず、幅広い教育に活用いただくことができます。

ユニークな教育カリキュラム

F1 in Schools™独自の教育プログラムを確立しており、通常授業ではカバーできない幅広い分野を、学校にいながらにして学ぶことができます。

  • STEM
  • ビジネススキル
  • チーム制
  • オンライン教材
  • 実践スキル
グローバル教育

F1®という世界共通のブランドによって、世界中から生徒が参加している実績があるため、英語を母語としない国でも、低いハードルで参加可能です。

  • 英語
  • 海外交流
  • コミュニケーション
    スキル
  • 異文化交流
新しい取り組み

海外で40カ国に導入事例を持ちますが、国内では導入が開始されたばかりのため、強いイメージの訴求や、先進的な取り組みの実践にご活用いただけます。

  • 学校のPR
  • 日本初
  • STEM教育導入
  • 海外校との連携
国際感覚豊かな生徒の輩出

世界との距離の近さを感じることで、F1 in Schools™に参加した生徒たちの海外進出のきっかけになります。

  • 海外留学
  • 海外進出
  • 起業家

F1 in Schools™日本運営概要

STEM PLUS JAPANは英国本部F1 in Schools Ltd.とライセンスを結んだNPO 法人です。日本でのF1 in Schools™の運営を担い、政府機関・民間企業からの支援の管理、活動する各学校、チームなどへのカリキュラムの提供やサポート、英国本部との連携を行います。

F1 in Schools™日本運営イメージ

参加校になる

2つのタイプの参加方法

F1 in Schools™には、車輪のハブとスポークに例えて、ハブ(HUB)校とスポーク(SPOKE)校の2つのタイプの学校が存在します。STEM PLUS JAPANは、全国主要都市にハブ校を設置し、さらにハブ校を中心としてスポーク校の拡大をはかり、生徒が結成したチームのF1 in Schools™への参加を呼びかけていきます。

F1 in Schools™日本組織図 F1 in Schools™日本組織図

ハブ校は日本でのF1 in Schools™運営に必要な設備や機能を有した、その地域の主要校です。一方スポーク校はこうした設備を持たず、低予算でF1 in Schools™に参加できるメリットを持ちます。もちろん、どちらの学校も生徒によるチームを結成することが可能です。

HUB校

運営に必要な主要設備を備え、
その地域の活動の中心となる学校

行うこと
すべての機材を設置
SPOKE校へのトレーニング
SPOKE校へのサポート
SPOKE校の申請図面成型
参加生徒の募集
支援者の獲得
担当教員は機材の使用方法トレーニングを受講
特徴
高水準なSTEM教育
主体的活動が可能
連携 連携
SPOKE校

HUB 校と連携することで、大規模な設備を持たず、
低予算で活動が可能な学校

行うこと
HUB校からの教習
参加生徒の募集
支援者の獲得
HUB校への車の成型申請
特徴
PCのみで参加可能
製造以外の全工程で活動可能

団体・企業における活用

学校・企業でF1 in Schools™を
活用いただけます

STEM PLUS JAPANが提供するF1 in Schools™の教育プログラムは、学校・学習スクール・企業など、教育を必要とするさまざまな場でご活用いただくことができます。F1 ®を通じて、未来を担う国際的な科学技術系人材を育てませんか。

課外授業や選択科目への採用
F1 in Schools™を採用するメリット
STEM教育の拡充
高等教育への基礎づくり
企業・コミュニティ団体もHUB・SPOKE校として活動可能
新規プログラム作成の省略・コストカット
グローバル教育
F1 in Schools™を採用するメリット
一般的な留学との差別化
幅広い国籍・年代との交流
別角度からの動機付けが可能
教育支援によるCSR
F1 in Schools™を採用するメリット
ブランドイメージの向上
技術提供による社会への利益還元
出前授業のプログラムとして活用
採用活動への活用
上記の他にもさまざまな
活用法がございます。
ご興味を持たれた団体様は、
ぜひお問い合わせください。